相手の意識の変化を感じよう

今日は、相手の意識的な変化を感じ取ることを稽古しました。

間合いを詰めていき、その過程で相手にどのような変化があり、どこでその変化を感じ取るのかを感じる稽古です。

これを感じることが出来ないと、相手にどのような対応をとるのがベストなのかを判断できなくなってしまいます。

例えば、とても親しいと思って接していた相手に、それほど好意的に思われていなかったり、相手が喜んでくれていると思っていた行いが、実は喜ばれていなかったりすることにつながってしまいます。

相手の心の変化が感じ取れなければ、自らの行動が相手にどのように感じ取られているかを確認できないのです。

そうなると、良好な人間関係を維持できなくなります。

逆に言えば、相手の変化を感じ取り、そのことを踏まえてうえで関係を築けば、自分なりにベストな接し方を選択できるというわけです。


釣りをしたことがある方ならイメージできるかもしれませんが、
浮きに意識を向けて、そこに起こる小さな変化を竿を持つ手で感じとり、
いつタイミングを合わせて引くのかを感じとるのと同じです。


 


相手とのつながりの中で、どれだけ相手の変化を感じ取れるのかが
とても大切なことなのです!

あなたは自分が相手に与えている影響を、どれくらい感じ取れていますか?